アラサーの婚活がうまくいかない場合の処方箋

更新日:

アラサー、30歳前後の人の婚活がうまくいかない場合の処方箋について、ちょっと勝手に書いてみます。

個別で、いろんな状況なはずなので、一概に当てはまるってことはありえないと思うので、ちょっとばかし参考程度ということで。

アラサーって婚活の前に、仕事なんかも大変なんだよね・・・。

アラサー、30歳前後って、結婚適齢期でありながら、なかなか人生的には成熟してきていないと言うか、仕事場でもプライベートでも、いろんな立場で中途半端な状況におかれてしまっている感じ。

こういう状況だと結婚相手を選ぶ方も決断しきれないし、選ばれる方としても、仕事とかライフワーク的な趣味とか、あと自分の結婚の理想像とか、いろいろ想いや念が残って結婚に踏み切れない・・・そんな時期なんじゃないかと。

 

中途半端な状況に“おかれてしまっている”って、ちょっと人のせい、的な感じで書いたけど。

30歳前後ならば、なかなか立場的に所属する環境を自ら能動的に変えたりという動きは難しいし、頑張ってはいても、自分自身を大きくアピールするというような材料も十分には満たない・・・という難しい年代ですね。

いや、美男美女なら、ぱっとその存在が明確なんです。

仕事ができようができまいが。これは子供の頃もそうだし、アラサーになっても同じ。(さすがにアラフォーまでは、効力は保たないかもねw)

が、その他大勢(笑、失礼!)の容姿が普通な人は、なかなかパッとその存在が明確になるような“目印”を持っていないですよね。

仕事とか、社会貢献とか、いまいる場所で頑張るしかないんです。

いい大学出たよ、みたいな“目印”は多少は効力はありますが、これは金のメッキ、剥がれるのは時間の問題です。

 

はい、どうせフツーです、わたし!

の場合は、どうやってこの状況を打開するか???

 

ひとつ質問ですが、いま頭の中って自分のことでいっぱいになってませんか?

いや、じこちゅう、という意味ではなく。

 

結婚したいけど、そうは進めない現状であることはわかっています。で、その結果として、いま考えていることは自分のことで頭の中はいっぱいですよね。

こうなるとですね、いろんな自分の思考や行動が、自然と自分中心になってしまうんじゃないか、と。

「私は、こう思っているのに・・・」

「わたしは、こうしたいのに・・・」

「なかなかいい人が見つからないのよね・・・」

はい、みんな I am・・・とか、I do・・・とか、つまりI(わたし)から語り始めてしまっている。

ひょっとして婚活サイトの自己PRとかに書いてあることって、なんとなく I am・・・とか、I do・・・とかの視点で書いていないでしょうか?

 

相手から見ても、お互い様として、アラサーってまだまだ未熟なのはわかっている。

でも「ああ、この人となら・・・」みたいに思わせる部分て、なにかというと、自分はどう思うとかそれ以上に

人に対して、どう思考し行動しているか?

人とどんな関わり方をしているのかな?

ということなんじゃないかと。

 

つまり、まず他人やまわりのことがあって、それに対して何を考え、行動しているか。

よく5W1Hって言うけれど、whomをいつも頭において思考、行動できているか。

ということ感じかな。

 

未熟未達ではあるけれど、なんかしら、より良く生きようとして頑張っている。たしかに空回りしている部分もあったりする。

で、それに加えて、誰かのために、とか、所属する会社の業績のために、とか、そういう仲間のために頑張っている・・・みたいな部分て、皮膚感覚的、暗黙的に重要視されているんじゃないかな、と。

“人と関わる”姿勢が、人の魅力を高め、人を引きつけるんじゃないかな、と。

 

ちょっとよくわからないかもしれないから、例を書きますね。
あくまで自己PR欄の書き方レベルの話なんですが・・・

「私、花嫁修業で、お花と料理を習っているの」

というのは「あっそう。」で、ピンとこない。
「ああ、いいところのお嬢さんなのね」ぐらい。

 

でも、たとえば、こんな感じに書いてあれば・・・

「小さな頃からいつも床の間に祖母が生けたお花が飾ってあって、いつも「ああキレイだな、見ていて気持ちが明るくなるわ」と思っていました。
なので、自分も家庭をもつときには、いつもお花を飾ることができるように、お花を習っているんです。」

というように書いてあれば、これを書いた人の、お婆ちゃんとか家族内の様子や関わり合いがちょっと想像できますね。

「ああ、ちょっとお金持ちっぽいけど、きっとあったかい家庭で育ったんだな。おばあちゃん子なのかな、それともご両親が忙しかったのか・・・ちょっと寂しげでもあるな・・・」

繰り返しますが、本人は未成熟でも、他人との関わり合いを大切にしている人って、まずは安心感が出てくることが、おわかりになった?

つまりもう自動的にパートナー候補として、得点アップです。

 

むしろ、うまく行っていないことも素直に書く。たとえば

「自分の仕事として●●という業務で頑張っているんですが、転職したばかりで、なかなかスキルが上がらず、またちょっと口下手なところもあって、いつも上司に迷惑を掛けてしまったり・・・。
でもその上司も我慢強く待ってくれているし、同僚たちがすごく応援してくれているので、なんとか頑張ってやっています。ちょっと残業多めですが、慣れるまではしかたがないですね。」

というように書いてあると

「目標に向かってよい仲間に囲まれて頑張っている人なんだな。でもちょっと不器用なんだね。自分と似ていることろがあるかな(笑)」

とか

「なんだか残業多そうで、しかも不器用そうだから、ちょっと心配だな・・・心配だな・・心配だな・・」

はい、「こいつ、ほんと、心配だな・・・」という理由で、⇒「あんた、もう心配で見てらんねぇよ!」で結婚まで行くパターンもあります(笑)。

ここで忘れてはならないのが、どんな仕事をしている、ということ以上に、背景に人との関わりが見えているってことだと思います。
同僚=人柄と目標、上司とのからみ=応援される人柄、不器用

 

「わたし、アニヲタで、いつもコミケいってコスプレしてます!」

だと「あ、っそう」で終わります。人によっては、アラサーにもなるのに、いい年して、なんて感想も持たれるかもしれません、が

「わたし、アニヲタすぎて、ついに母親も連れ出して、禁断の親子コスプレ!(画像)」

と書いてあると「こいつ、おもしれぇ~(笑、なんだか家庭あったかそうw)」

となり、コスプレが幼いとか、年齢とかそういうことじゃない、っていう思いが共有されますね。

 

はい、ちょっと結論的になりますが、どんなことでもいいので、自分と他者との関わり合い、という観点から自分自身を点検してみて下さい。

 

「私は、こう思っているのに・・・」

「わたしは、こうしたいのに・・・」

「なかなかいい人が見つからないのよね・・・」

 

はいはい、わかりましたよ、って流されてませんか、あなた?

 

人との関わり合い、って言われても「わたしは、友達といても、いつも黙って聴いているだけなんです。なかなか関われてなんかいません」みたいな人もいるかも知れません。

そんな場合も、実はあなたが聞き上手な可能性があるわけです。ほんとにつまらなければ、声をかけたりしませんし、仲間の輪にも入れません。

こういうのも、立派な“人との関わり合い”なんです。

聞き上手って、これは大事です。相当な武器です。

喪黒福造さんじゃないけれど、老いも若きも男も女も、みんな自分の話を聞いてもらいたいんです。

ということでもし婚活サイトなんかで自己PRを書き場合は、子供の作文のような感じでも構わないので、自分が他人と関わっている状況を思い起こし、書いて紹介してみましょう

 

繰り返しますが、アラサー、30歳前後ぐらいならば、正直、まだまだな未成熟な部分もあります。

が、未熟なりに「一緒に家庭と人生を作っていける」という確信に近いものって、まずは社会性の安心感と、少なくとも「より良く生きようとしている」という部分への共感から来るんじゃないか、と勝手に思っていますよ。

どうでしょうかね、あくまで私見なんですが。

 

まとめ

なんとかアラサー的な問題は改善の方向が見えたとして、問題は婚活ですね!

解決のための対策は、人とのかかわり合いでより良く生きようとしているあなたを、いかに多くの異性に知らせることができるか?、ということなんですね。

はい、インターネットの力を使えば、36億人とはいいませんが、かなり効率のよい“発信”が可能だちうことが理解るかと思います。

私が使ったネット婚活のサービスは
趣味のコミュニティが充実しているペアーズです。
https://pairs.lv/

 


以下、ネット婚活、婚活アプリで、人気のサービスなんかをまとめてみています。
よくある出会い系とは違って、独身チェックが厳正結婚意向の確認があり、有料のサービスを選ぶことをおすすめしますよ。

 

ちなみに、少なくとも押さえておくことをオススメするのは、業界最大手IBJの婚活サイト「ブライダルネット」です。

 


おすすめな記事

no image 1

婚活パーティーが、どうしてもうまくいかない、苦手、という人も多いかもしれません。 ただ、そういう人の中には、ちょっと勘違いをしている人もいるかも。 例えば、合コンと同じノリで参加してしまうとか、アルコ ...

no image 2

もっと、なんかいい婚活パーティーはないの? と検索中なら、大人の婚活パーティー「OTOCON(おとコン)」という手があります。 OTOCON(おとコン)とは? 「OTOCON(おとコン)」とは、業界大 ...

no image 3

婚活のマッチングアプリによる婚活・恋活サービス(婚活サプリ、婚活サイト、恋活アプリなど)とは? お見合いサービスや仲人サービスや結婚相談所とはちがって、ちょっと緩くて広くて、そして過程を楽しめる・・・ ...

-わたしなりの婚活エッセイ

Copyright© 婚活パーティーでうまくいかない理由がわかりました。 , 2018 All Rights Reserved.